ブライアン・イーノ【Light Music】

ブライアン・イーノ(Brian Eno, 1948年 - )イギリス・サフォーク州出身の音楽家、作曲家、プロデューサー、音楽理論家。美術学校に在籍中に、電子楽器や音声理論に関心を抱きます。在学中の1970年代より音楽活動を開始し、イギリスのロック・グループであるロキシー・ミュージックにシンセサイザー奏者として参加しています。その後も、ロック、現代音楽など独自の音楽活動を行う他、デヴィッド・ボウイ、トーキング・ヘッズ、U2などのアルバムにもプロデュースや演奏などで参加。また1970年代の終わり頃からは、アンビエント・ミュージック(環境音楽)として音楽と鑑賞者の新たな関係性を模索する作品の他、近年は映像作品を制作するなど多彩な活動を行っているアーティストです。

本書は、2016年4月29日から5月28日まで、イギリス・ロンドンのPaul Stolper Galleryにて開催された展覧会の後、2017年に1500部数限定にて刊行された書籍になります。書籍には、シリアルナンバーが入っています。
作品は、「Etchings」「Lenticulars」「Lightboxes」の3つの作品となります。
自己生成型のLEDライトを使用した「Lightboxes」をメインに、展示風景などを交え、美しい図版にて掲載。Michael Bracewellによるエッセイ”Shedding Light”とイーノ本人によるエッセイ”Light Music”も収録。

出版社:  Paul Stolper
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 100ページ
サイズ:  31 x 31 cm
状態:   新刊
その他:  シリアルナンバー入り

販売価格

10,100円(内税)

SOLD OUT