ソフィ・カル【True Stories (Hasselblad Award)】

ソフィ・カル(Sophie Calle 1953年 - )フランス・パリ出身のアーティストです。
作品は、写真を使用した形態が多く写真家として紹介されることもあります。実際には、写真だけでの展示だけではなく、写真と文章を構成し、物語性のある作品を展開しています。10代後半より7年間の放浪の旅を終えた後、彼女はパリに戻り、見知らぬ人を尾行したり28人の友人や赤の他人に自身のベッドで8時間寝てもらい撮影をするという行為を行います。アーティストとして活動を始めたのは80年代からです。私的な感情や行為を視覚化する作品。それらの展示の際の美しい構成は、鑑賞者を一気に彼女の世界へ導きます。

2010年にソフィ・カルは、Hasselblad Awardを受賞しています。(同時に2010年10月30日から2011年2月13日には、フランス・パリのGallery Perrotinでは個展も開催されました) 本書は、この受賞を機にドイツのSteidl社より刊行されました「True Stories」となります。書籍内には、「I'm photographer!」と題されたカル自身のエッセイも収録。
(※True Storiesは、第5回目のエディションがActes Sudより2016年にも刊行されています。こちら→【True Stories】)

出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 112ページ
サイズ:  27.5 x 25.5 cm
状態:   新刊

販売価格

4,800円(内税)

購入数