• トーマス・ルフ【Lichten】

    トーマス・ルフ(Thomas Ruff, 1958 - )ベッヒャー派として必ず名前の挙がるドイツの写真家です。コンセプチュアル・フォトグラファーとして知られ、写真のメディアとしての側面を分析し写真表現の可能性を引き出して見せるという、独自のスタンスで作品制作を行っています。
    1977〜1985年の間、デュッセルドルフ芸術アカデミーにてベルント&ヒラ・ベッヒャーの元で、
    アンドレアス・グルスキーやカンディダ・ヘーファー、トーマス・シュトゥルート等とと共に写真を学びます。1980年代の初めに友人、知人のポートレートを大きく引き延ばしてプリントした「カラーポートレート」にて世界中に知られるアーティストとなりました。
    ベッヒャー夫妻のタイポロジー(類型学)という手法を多角的に発展させ、1990年代のデジタル画像をブロックノイズごと大きく引き伸ばした作品『jpegs』では、インターネットで入手した写真を使用し、自ら写真を撮影することに重点を置かないという独自の制作手法を採るようになります。
    その後も、衛星写真をもとに制作された『Stars』や『mars』シリーズ、コンピューター・グラッフィックスを印画紙に焼き付けた『cycles』シリーズなどの実験的な作品を発表しています。

    本書は、ドイツのゲントとデュッセルドルフにて行われた展覧会に合わせて刊行されました。1970年代の初期作品から2014年の最新作まで、5つのシリーズを紹介する書籍となっております。
    『Lichten(Light)』と題された今回のセレクションは、ルフが30年上に渡って追求してきた自然光と、人工的(バーチャル)な光を巡る、写真の本質を問う哲学的なテーマに焦点を当てています。
    掲載されているシリーズは、『Interiors (1979 - 1983)』、『Stars (1989 - 1992) 』、『Nights (1992 - 1996)』、そして現在注目される最新作となる、3Dグラフィックスを用いたフォトグラム作品の『Photograms (2012 - 2014)』、今までプリントのオリジナルとしてしか認識されてこなかったフィルムの『ネガ』をテーマに作品化された『Negatives (2014 - ) 』となっています。また、巻末には新作『Negatives』についてのインタヴューが収録されています。
    それぞれのシリーズにて、ルフならではの着想による写真作品をご覧頂けます。

    また、Roma PublicationのデザイナーであるRoger Willemsによる書籍デザインは、印刷する紙の質感にもこだわって制作され、書籍としても美しい一冊です。


    出版社:  Roma Publication
    タイプ:  ペーパーバック
    言語:   英語
    ページ数: 144ページ
    サイズ:  31 x 23.2 cm
    状態:   新刊

    販売価格

    4,800円(内税)

    購入数
    関連するオススメ書籍