リチャード・プリンス【Collected Writings】

リチャード・プリンス(Richard Prince, 1949 - )アメリが合衆国の画家、写真家です。1975年より、マルボロ・マンが馬に乗って荒野を走る、マールボロのタバコの広告写真をもとに作られた『無題(カウボーイ)』など、広告やポップ・カルチャーの象徴的なイメージを元に制作(re-photograph)した写真作品で、一躍ポスト・モダニズムを代表するアーティストとなります。
プリンス他にも、映画のワンシーンを自ら演じた写真作品で知られるシンディ・シャーマンなど、広告やメディアによって広く流通しているイメージを作品に流用する動向は『シミュレーショニズム』と呼ばれ、高度な消費社会を批評的に捉えた作風が評価される一方、アートにおける作品のオリジナリティーについての議論を呼びます。
その後も、85年より制作が始められた、キャンバスに文字で一行または、数行に渡るジョークを書いた『Joke paintings』シリーズや、ロマンス小説のカバーをインクジェットプリンタでキャンバスにプリントした上から絵具を塗るという過程で、エロティックなナースを描いた2003年発表の『Nurse Paintings』シリーズを制作しています。
1980年のニューヨークでの初個展以来、1988年と2007年にヴェネツィア・ビエンナーレ、1992年のドクメンタ9、2007年ニューヨークのグッゲンハイムなど各地で展覧会を開催しています。

本書は、プリンスによって1974から2009年までに書かれた35の小文を集めた初めての書籍となります。フランツ・クライン、ウッドストックなど様々なテーマで、プリンス作品の核心を伺わせる内容を含んでおり、プリンスの革新的な作品に流れる思索を知る手がかりとなる書籍です。
近年話題を呼んだアメリカ合衆国の小説家ジョナサン・レセム氏によるテキストも掲載されています。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー(クロス張)
言語:   英語
ページ数: 216ページ
サイズ:  24.6 x 17 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版40点

販売価格

3,800円(内税)

購入数