ブライス・マーデン【Notebook Feb.1968】

ブライス・マーデン (Brice Marden, 1938年 - ) アメリカ・ニューヨーク出身。
同国を代表する画家です。
マーデンのキャリアは大きく2つの時期に分けられます。1960年代半ば〜80年代のミニマリズムの影響を受けた作品、1980年代半ば〜のカリグラフィー的作品です。1950/60年代のアメリカ抽象表現主義の流れからの新しい表現の模索を続け、ジャクソン・ポロックのドリップ絵画や、中国の書のもつ筆順や右上から左下に進行するなどの規則を取り入れた独自の絵画へと発展させていきます。

本書は、2015年秋に刊行されましたブライス・マーデンの1968年2月の創作ノート「Brice Marden: Notebook Feb.1968」を書籍化したものとなります。(※別タイトルで、Brice Marden: Notebook Sept.1964 -Sept.1967も同時刊行されています)
革張りの手帖をコピーしたような装丁のこのマーデンの個人的な記録ノートは、全ページに渡って、切り抜きやドローイング、メモで埋められています。60年代により、意欲的に活動を行っていた一人であるブライス・マーデンの創作過程の源流を垣間見ることのできる一冊です。
(この頃、マデーンはイタリアの映画監督:フェデリコ・フェリーニ参照しており、その傾向もメモの一節からご覧いただけます)

出版社:  Karma
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 88ページ
サイズ:  30.5 x 26 cm
状態:   新刊
その他:  図版150点

販売価格

4,900円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍