• banner
  • タシタ・ディーン【Buon Fresco】

    タシタ・ディーン(Tacita Dean 1965年 - )イギリス・カンタベリー出身の芸術家。現在は、ドイツ・ベルリンとアメリカ合衆国・カリフォルニア州を拠点に活動を行う。写真、16mmフィルム、ドローイング、サウンド作品を制作。中でも、マリオ・メッツ、マース・カニングハム、ジュリー・メーレトゥ、サイ・トォンブリ-、クレス・オルデンバーグなど過去50年の偉大な芸術家や思想家などをフューチャーした作品は、繊細な美しいフィルム作品として知られる。Falmouth Universityを1988年に卒業後、1990年から1992年にSlade School of Fine ArtsでM.A.を取得。1995年の100周年記念のヴェネチア・ビネンナーレにてヤング・ブリティッシュ・アーティストの一人として展示。1997年にロンドンに移住し、翌年にの1998年にターナー賞にノミネートされる。2001年には、テート・ブリテンにて個展を開催。2011年、第12回ユニリーバ・コミッション・フォー・タービンホールでの展示を開催。2014年には、The Getty Reseach Instituteに加わり、savefilm.orgの創設メンバーとなる。

    本書は、ベルリンを拠点として活動するイギリス人アーティスト、Tacita Dean (タシタ・ディーン)の作品集。フランチェスコ会の創設者 ”アッシジのフランチェスコ” は、聖人を人間らしくした聖人で、ごく普通の身体と普通の欲望を持つ1人の人間であった。

    「フランチェスコは自分の衝動を沈めるために裸で雪の中を転げ回り、今まだウンブリアの丘と森に通っている道々を歩んだ。フランチェスコが懸念していたことは現代的だった。例えば地球への愛情はエコロジーであり、生き物や動物福祉、慈悲心への理解は現代の社会学的であった。また、彼は人間が現実的に目指すことのできる聖人だった。なぜなら彼の人間性、人間らしさは死から免れることの出来ない我々人間の手の届く場所にあったからである。」

    映像作品「Buon Fresco」(2014) の中で作者は、作家自身と同じ視点で絵画を見るために、マクロレンズを使用してアッシジにあるバシリカ式教会堂に描かれた、ジョットのフレスコ画のディテールを映した。聖フランチェスコが聖人を人間らしくすることと並行して、ジョットは絵画の中で人々を人間らしく描き、そしてそのことはアートの歴史上非常に重要な出来事となった。フレスコ画は遠くから鑑賞できるものであるため、本書は細部の啓示的な視点とジョットのブラシストロークの精巧さを見ることができ、当時の西洋画の規範を予測し得るものでもある。

    出版社:  MACK
    タイプ:  ペーパーバック
    言語:   英語
    ページ数: 112ページ
    サイズ:  28 cm x 38.5cm
    状態:   新刊
    その他:  1000部限定、サイン・ナンバリング入り

    販売価格

    12,150円(内税)

    SOLD OUT
    関連するオススメ書籍




    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン