アルベルト・ジャコメッティ【Die Spielfelder】

アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti 1901年 - 1966年)スイス・スタンパ出身の芸術家。20世紀の最も重要な彫刻家の一人でもある。1922年以降は、主にフランス・パリに住みながら定期的に故郷も訪れた。特にキュビズムやシュルレアリスムなどに影響を受けた。人間の状態に関する哲学的な質問や実存的、現象学的な議論は、彼の作品において重要な役割を担った。1935年頃より、比喩的な構成のより深い分析を追求した。定期刊行物や展覧会カタログの為のテキストや、自身の考えや思い出をノートや日記に書いていた。1938年かた1944年に製作された彫刻作品は、約7cmほどでそれは彼とモデルの間の実際の距離を反映していた。第二次世界大戦後に現在最もよく知られている作品を製作しいる。1957年以降には、絵画も彫刻同様に製作。また、サミュエル・ベケットの美術舞台なども手掛けた。

本書は、2013年1月8日から8月4日まで、ドイツのHamburger Kunsthalleにて開催された展覧会の際に同時刊行された書籍になります。
この展覧会及び書籍では、20世紀を代表する芸術家アルベルト・ジャコメッティの芸術作品を再度確認するような内容にて展開されました。初期にあたるシュルレアリストとしての作品から1930年代のユニークな彫刻作品、著明な1950年代の作品に加えて、1940年代と50年代のクロッキーや絵画作品などが掲載されています。

出版社:  Hamburger Kunsthalle
タイプ:  ハードカバー
言語:   ドイツ語
ページ数: 176ページ
サイズ:  24.5 x 28.3 cm
状態:   新品

販売価格

3,800円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍