アニッシュ・カプーア【Dirty Corner】

アニッシュ・カプーア (Anish Kapoor 1954年 - )インド・ムンバイ出身の現代彫刻家です。1970年代前半に美術を学ぶために渡英。現在もロンドン在住、同都市を拠点に活動をしています。1980年代のイギリスの彫刻の一つのムーブメントであった”ニュー・ブリティッシュ・スカルプチャア”の作家として注目を浴びます。1979年の故郷のインド旅行は、彼の作品に大きな影響を与え、その際発見したインドの顔料を用いた作品はよく知られることとなりました。1990年ヴェネチア・ビエンナーレにてイギリス館代表として参加。1991年ターナー賞受賞。2011年には高松宮殿下記念世界文化賞受賞。現在も、勢力的に活動を続ける世界的にも重要な彫刻家の一人です。

本書は、1979年から2011年までの30年に渡るカプーアの作品を紹介する一冊となります。イタリア・ミラノでの大規模な展覧会に合わせて出版されました。年代順に掲載された各作品と共に、カプーアのスケッチブックからのセレクションや彫刻模型などの資料が多く含まれている他、2つのオリジナルエッセイを収録。ダイナミックさと神秘性を併せ持ち、知覚と精神を揺さぶるカプーア作品の、初期からの歩みを、その制作過程と共に400ページ以上のボリュームでご覧頂ける一冊となっています。


出版社:  Skira
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 408ページ
サイズ:  30 x 22 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版400点

販売価格

5,400円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍