ブルース・ナウマン【A Contemporary Reader】

ブルース・ナウマン(Bruce Nauman 1941年 - )アメリカ・インディアナ州出身の芸術家。
作品は、彫刻、写真、パフォーマンス、ビデオアート、インスタレーション、パフォーマンスなど作品形態は多様である。ヴィトゲンシュタインの後期思想に刺激を受け、哲学探究で語られる言語ゲームの引用が見られる。また、前衛音楽からの影響もある。1960年から1964年に、The University of Wisconsin Madisonにて数学と物理学を学ぶ、1965年から一年間はThe University of California, Davisにてアートを学ぶ。1966年にカリフォルニア州に移住し、自身のスタジオを開設。同年、ロサンゼルスにて初個展を開催。1968年にはヨーロッパでも個展を開催。後にカリフォルニア、ニューメキシコなどに拠点を移し、1992年にドクメンタにビデオ作品にて参加。1999年のヴェネチア・ビエンナーレにて金獅子賞受賞。2004年、高松宮殿下記念世界文化賞・彫刻部門を受賞。同年、テート・モダンのタービンホールにて展示。1960年代後半より、多くの作品を制作し、現在も多くの世代に影響を与えるアーティストの一人である。

ナウマンの初期作品、音楽、ポストモダン・ダンス、コンセプチュアルアート、ゲシュタルト心理学、言語哲学などは現代の実践と論説の中で議論されました。しかし、ナウマンの世評が先行し、最近の研究では主として芸術的、社会的、歴史的な文脈からは独立して評価され、ナウマンの作品への重要な考察は、狭べられていました。
本書は、次世代のアーティストの為の重要な書籍として制作されました。ナウマンの50年以上にも及ぶキャリアの中で制作された作品は、現代のポジションと対話の文脈にそって提示され、ナウマンのテーマ、メディア、形式が現在へとつながる系譜を分析しています。

出版社:  Laurenz Foundation, Schaulager (collaboration with Eva Ehninger)
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 224ページ
サイズ:  19.5 x 13 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版78点、白黒図版31点

販売価格

3,800円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍