フェリックス・ゴンザレス=トレス【Felix Gonzalez-Torres】

フェリックス・ゴンザレス=トレス (Felix Gonzalez - Torres 1957 - 1996年)キューバ出身、アメリカで活動したアーティストです。NYプラット・インスティチュート、ホイットニー美術館のスタディ・プログラムにてアートを学びます。1980年代には、アート・アクティヴィスト・グループ『グループ・マテリアル』(1979年NYにて活動開始、1996年解散)に参加します。活動の目的は、展覧会という場所を創り鑑賞者に参加をしてもらうことで社会とのコミュニケーションを図ることでした。
ゴンザレス=トレスの作品には、日用品がよく使用されます。人々が日常的に目にするツールと彼自身の経験から、『私達(人)』の生や、それ事体の華やかさや儚さを感じさせる完結でシンプルなフォルムの作品を創ります。

本書は、2017年4月27日から7月14日まで、アメリカ・ニューヨークのDavid Zwirnerにて開催された展覧会を機に2018年に刊行された書籍になります。1980年代後半から1990年代初めにかけて登場し、非常に重要なアーティストの一人であるフェリックス・ゴンザレス=トレスの主要なインスタレーション作品を展示し、その展示風景と鑑賞風景を収めた美しい写真が多く掲載されています(色ビーズのカーテン、電球、時計、鏡、キャンディ、積み重ねられた紙など)。
また、収録されているDavid Breslinによる新しいテキストは、ゴンザレス=トレスの美術史への貢献を文脈化し、掲載作品をより深く探求しています。

出版社:  David Zwirner Books
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 112ページ
サイズ:  30.4 x 21.9 cm
状態:   新品

販売価格

5,600円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍