アンディ・ウォーホル【Giant Size(Mini Format)】

アンディ・ウォーホル (Andy Warhol 1928年 - 1987年)アメリカ合衆国・ペンシルベニア州出身。同国を代表する現代芸術家、映画監督、プロデューサーであり、1960年代初頭に芸術運動ポップアートの第一人者であり世界で最も知られるアーティストの一人である。
ピッツバーグで生まれ育ち、商業イラストレーターとして成功を収める。1950年代後半に行くつかのギャラリーで展覧会に参加したのち、影響力ある芸術家として認めらるようになる。1960年には、有名な『ドル札』『マリリン』『キャンベルスープ』を製作し、大衆を意識し、徹底して「記号」が与える表層的なアメリカ社会を表現する。デザイン的な表現は、マスへのアプローチ方法としてイメージの記号化として有効な手段の一つであった。絵画や版画のみならず、映画や音楽の分野での活動も、活発に行なった。ニューヨークのスタジオ、ザ・ファクトリーには、著名な知識人、ドラッグクイーン、劇作家、ボヘミアンストリートの人々、ハリウッドスター、裕福な常連客が集まる有名な集いの場として機能していた。また、実験的なロックバンドThe Velvet Undergroundをプロヂュースし、Interview Magazineを設立した。また、いくつかの著書も刊行している。故郷ピッツバーグには、アンディ・ウォーホル美術館があり、膨大なコレクションを所蔵している。

本書は、20世紀の最も革新的で影響力のあるアーティスト:アンディ・ウォーホルの全キャリアを包括的にまとめたビジュアル・バイオグラフィー。アートワーク、家族アルバム、記録写真、制作風景、関係した人物など、600ページ・2000点に及ぶ様々な図版資料を満載し、ウォーホル自身やウォーホルを知る様々な人物の言葉と共にまとめられています。ファイドン社刊行の、ウォーホルのカタログ・レゾネ(全集)全5巻の内容を集約したものとなっており、1949年に21歳でイラストレーターを目指してニューヨークに出てから、87年に亡くなるまでが、13の章で構成されています。
美術評論家デイブ・ヒッキーによる、今尚謎めいた人物であるウォーホルの人生とアートについての独自の考察を綴ったエッセイと、1950年代から80年代にかけてのニューヨーク・アートシーンの裏側の貴重な資料も収められています。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 624ページ
図版:   カラー2000点
サイズ:  24.5 x 18.7 cm
状態:   新刊

販売価格

4,800円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!