アルベルト・ジャコメッティ【Alberto Giacometti and the Perception of Reality】

アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti 1901年 - 1966年)スイス・スタンパ出身の芸術家。20世紀の最も重要な彫刻家の一人でもある。1922年以降は、主にフランス・パリに住みながら定期的に故郷も訪れた。特にキュビズムやシュルレアリスムなどに影響を受けた。人間の状態に関する哲学的な質問や実存的、現象学的な議論は、彼の作品において重要な役割を担った。1935年頃より、比喩的な構成のより深い分析を追求した。定期刊行物や展覧会カタログの為のテキストや、自身の考えや思い出をノートや日記に書いていた。1938年かた1944年に製作された彫刻作品は、約7cmほどでそれは彼とモデルの間の実際の距離を反映していた。第二次世界大戦後に現在最もよく知られている作品を製作しいる。1957年以降には、絵画も彫刻同様に製作。また、サミュエル・ベケットの美術舞台なども手掛けた。

本書は、ジャコメッティのドローイング作品のセレクションと、彼の両親との間に交わされた100以上の手紙についての調査をまとめた一冊。その大部分が今回初めての出版となります。
著者の Patrick de Vriesは、パブロ・ピカソ、フランシス・グルーバー、バルテュス、ピエール・タルコートなど同時代の重要なアーティストとの友情と、作品間の影響を振り返ります。
また、ジャコメッティのモデルを務めた日本の哲学者の矢内原伊作との議論、これまで指摘されてこなかった、ジャコメッティの東アジアの芸術への関心についての興味深い洞察などにより、かれの50年に渡る作品の発展の重要な側面を明らかにする一冊となっています。


出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 230ページ
図版:   60点
サイズ:  28 x 21 cm
状態:   新刊

販売価格

5,300円(内税)

購入数



新入荷!