ロベルト・マッタ【Matta and the Fourth Dimension】

ロベルト・マッタ(Robert Matta 1911 - 2002年)チリ・サンティアゴ出身の画家です。(マッタ:Mattaのみで、表記されていることも多い。フルネームは、ロベルト・セバスティアン・マッタ・エチャウレン)裕福な家系に生まれ、バスク、スペイン、フランスの血を受け継ぎ、数ヶ国語を取得しています。学生時代は、サンティアゴ・カトリック大学で建築を学び、1933年にはフランス、イタリア、スペイン、ドイツなどを放浪、1934年から36年までは、ル・コルビジェの事務所に勤務し、パリにてピカソやミロ、マルセル・デュシャンとも親交しています。シュルレアリスムのオートマティスムに共鳴し、1938年には「心理学的形態学」を完成させました。戦争下の1939年には、他のアーティストと共にニューヨークに亡命、そこで活動を続け、後のアメリカ抽象絵画に大きな影響を与えています。1948年には、ヨーロッパに戻り、フランス国籍を取得。1957年には、MOMAにて回顧展を開催。1995年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。

本書は、アメリカ抽象絵画に大きな影響を与えたロベルト・マッタの60点以上の作品を掲載した書籍です。空間に対して独自の理解を深め、キャンバス上の4次元について追求したマッタの作品を包括的に紹介した一冊です。また、Linda Dalrymple HendersonによるエッセイとHans Ulrich Obristによるインタビューを収録。

出版社:  Skira
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 224ページ
サイズ:  31 x 24 cm
状態:   新品
その他:  図版80点

販売価格

6,500円(内税)

購入数



新入荷!