フランシス・ベーコン【Books and Painting】

フランシス・ベーコン(Francis Bacon 1909−1992年)アイルランド出身。20世紀を代表する画家の一人でもある。正規の学校教育・美術教育を受けていない。パリに移住しピカソの絵画に触発され1926年より絵を描き始め、1929年頃からは油彩を始めた。1934年に初の個展をロンドンにて行うが、その後1930年−1940年代の作品を全て破棄した。1944年より、活動を再開し代表作の一つ「有る磔刑の下の人物のための三習作」を発表。暴力的なデフォルマシオン(変形・歪曲)を加えた作品は衝撃を与え、54年にはルシアン・フロイドとともにイギリス代表としてヴェネチア・ビエンナーレに参加。今尚、世界中の人々を魅了し、その作品は世界の主要な美術館に収蔵されている。

本書は、2019年9月11日から2020年1月20日までフランス・パリのポンピドゥセンターでの展覧会を機に刊行されました。この書籍では、フランシス・ベーコンの芸術の新しい視点として、文学がベーコンに与えた影響を調査しました。スタジオを本棚から、本が大好きで特に文学に興味を持っていたことがわかります。しばしば、作品タイトルにも文学的な引用も見られます。ベーコンと文学の関係、そして人生年表、彼の蔵書目録など5つの啓蒙的なテキストを60枚の作品とともに掲載。2019年刊行書籍。

出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  30 x 23 cm
ページ数: 242ページ
状態:   新品

販売価格

6,600円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!