アラン・セクーラ【Fish Story】

アラン・セクーラ(Allan Sekula 1951年 - 2013年)アメリカ・ペンシルベニア州出身の写真、作家、理論家、評論家。1960年代に家族と共にロサンゼルスに移住。1974年、カルフォルニア大学サンディエゴ校を卒業。1985年からカリフォルニア芸術大学にて教鞭を執る。1970年代後半より、写真とテキストによる作品、そして多くの論考や理論著作を発表。研究の対象は、グローバリゼーションに起因する経済変化の結果に、メディア、アート、社会の中のドキュメンタリー写真の機能に関して疑問を投げかけたものであった。「写真の意味の創出について」(1975年)「写真の交通」(1981年)「アーカイヴを読むこと」(1986年)「身体とアーカイブ」(1986年)など。また、シリーズ作品「フィッシュ・ストリー」(1989年 - 95年)は、アーカイブの実践として8年の歳月をかけ制作された実践作品。その後も、世界の主要なアートフィスティバルや美術館にて展示を続けた。ここ日本では、2001年横浜トリエンナーレに参加。2015年京都国際芸術祭PARASOPHIAにて「催涙ガスを待ちながら」(1999 - 2000)が展示された。

本書は、長らく絶版となていたシリーズ作品「フィッシュ・ストーリー」の再版です。
1989年から1995年に8年の歳月をかけ、7箇所で展示された9章からなるシリーズ作品です。グローバリゼーションにおける表象代表的である海に着目し、貿易、労働などから高度資本主義社会における問題を浮かび上がらせた。伝統的なドキュメンタリー写真とはまた違った角度から写真表象を再構築した作品であり、1980年代から1990年代初頭にかけてのポストモダニズの理論と実践における新しい挑戦でもある。本書では、新たにロンドン大学東洋アフリカ学院の教授ラーレ・ハリーリ(Laleh Khalili)による序文を収録。

※弊社でお取り扱いをしている2015年京都国際現代芸術祭PARASOPHIAの公式カタログでは、目次:セクーラを読む人にて10ページに渡りセクーラの論考が掲載されています。補足書籍としてもこちらもおすすめです。

出版社:  MACK
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 296ページ
サイズ:  28 x 22 cm
状態:   新刊

販売価格

6,600円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍