マーガレット・バーク=ホワイト【White and the Dawn of Apartheid】

マーガレット・バーク=ホワイト(Margaret Bourke-White 1904年 - 1971年)アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身の写真家。ソビエト連邦時代に5年間、ソビエト連邦下の産業を撮影することを許可された初めての外国人でもある。1922年から1927年の間にアメリカ合衆国内のいくつかの大学で爬虫類学などを学んだ。また、写真は、フォトセセッションの中心人物クラレンス・H・ホワイトより同時期に学んでいる。学士を取得後、オハイオ州に移り、商業写真スタジオを設立し、建築写真や産業写真を撮影。1929年には、Fortune Magazineにて編集とカメラマンの職につき、1936年に女性として初めてLife誌のフォトジャーナリストとして雇われた。life誌の創刊号の表紙など数ページに渡り、写真が採用され、その後フォトジャーナリズムの分野で世界的に活動した。戦後には、日本にも訪れている。

本書は、2016年にIndiana University Pressより刊行された写真集です。ライフ誌で働き始め、チェコスロバキアでのナチスや、第二次世界大戦後ブッヘンヴァルトの解放などを記録した彼女は、南アフリカの人種隔離政策(アパルトヘイト)が法制化された翌年の1949年にそこに向かいました。ライフでは、二つのフォトエッセイ発表しましたが、その他の多くは未発表のままでした。Alex LichtensteinとRick Halopernは、それらの写真と政治的・文化的な二つのエッセイと共にこの歴史的に重要な写真らをまとめ本書を刊行しました。

出版社:  Indiana University Press
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 152ページ
サイズ:  28.8 × 22.3 cm
状態:   新古品

販売価格

3,800円(内税)

購入数



新入荷!






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン