ハワード・ホジキン【The Complete Prints】

ハワード・ホジキン(Howard Hodgkin, 1932 - 2017)画家、版画家。静物画家のエリオット・ホジキンの甥としても知られています。
ロンドンに生まれ、現在もロンドンに住み制作を続けています。ロンドンのCamberwell School of Artと、Bath Academy of Art, Corshamにてアートを学びます。1962年ロンドンにて初個展。初期の作品は、曲線による大胆な形態と人物をモチーフとし、限定された色彩を特徴としています。その後1970年ごろから、本能的で鮮やかな色彩と大胆で構成的な作風へと変化していきます。1980年にロンドンのヘイワードギャラリーのヘイワード・アニュアルに参加。1984年には、イギリス代表としてヴェネツィア・ビエンナーレに出品、1985年にはターナー賞を受賞しています。1995年に、ヴェネツィアの同じ景色の4つの異なる時間を表現した版画シリーズを制作。2006年にはロンドンのテート・ブリテンにて大規模な回顧展を開催しています。

本書は、2006年に刊行されたハワード・ホジキンの版画作品を紹介下書籍です。ホジキンの版画作品は、絵画作品と平行でありながら全く異なった成果の作品群を成しています。1953年から約140点の作品を製作。一貫して印刷媒体を独自の目的で探求し、そして驚くほど多様で、感情的な説得力のある作品が複数あります。Leiesbeth Heenkによって編集された本書では、初めてとなる包括的な調査を掲載、また、ニューヨークのメトロポリタン美術館のシニアコンサルタントであるNan Rosenthalのエッセイが収録されています。また、ホジキンへのインタビューでは、版画の起源についてそして版画が独立したプロセスであることを述べています。図版80点以上を掲載した貴重な書籍。

出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 240ページ
サイズ:  30 x 26 cm
状態:   新品
その他:  図版80点以上

販売価格

5,500円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍