メレット・オッペンハイム【Mirrors of the Mind】

メレット・オッペンハイム(Meret Oppenheim 1913年 - 1985年)ドイツ・ベルリン出身のスイス人の芸術家であり写真家。シュルレアリストを代表する女性アーティストであり、20世紀の代表的芸術家の一人でもある。日用品や身の回りのオブジェクトで、女性のセクシャリティや異性による女性の搾取をほのめかす作品を多数制作している。その他、ドローイング、ペインティング、彫刻からアクセサリーのデザインも制作。マン・レイのモデルも務めた。1932年にフランス・パリに移り、Academie de la Grande Chaumiereにて絵画を学ぶ。(1929年のスイス・バーゼルのKunstkhalleでのパウル・クレーの展示で影響を受けている)1933年には、ハンス・アルプやアルベルト・ジャコメッティに出会い”Salon des Surindependants”展に招待される。それをきっかけに、アンドレ・ブルトン、マルセル・デュシャン、マックス・エルンスト、マン・レイなどともシュルレアリスムを通して出会い、概念的アプローチに傾倒する。1936年には、スイス・バーゼルのGelerie Schulthessにて初個展を開催し、1960年までシュルレアリスムの展覧会に貢献し続けた。代表作”Le Dejeuner en Fourrure(Fur Breakfast)(Breakfast in Fur)”(毛皮の朝食)は、MoMA所蔵。

本書は、2014年春にメレット・オッペンハイム生誕100年を記念して刊行されました。代表作の”毛皮の朝食”やあまり知られていない作品に到るまで、数多くの彫刻、版画、絵画、写真が約450点の図版で掲載されています。この美しいモノグラフは、彼女と同時代のアーティスト
マン・レイ、ピカソ、マックス・エルンストらにとっても、スピレーションを与える存在であり、重要なフェミニストアーティストであったことを示しています。

出版社:  Kerber
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 224ページ
サイズ:  24 x 30 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版321点、白黒図版130点

販売価格

6,200円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍