フランチェスカ・ウッドマン【On Being an Angel】

フランチェスカ・ウッドマン (Francesca Stern Woodman 1958 - 1981年)アメリカ合衆国・コロラド州出身の写真家。自身や女性モデルを撮影した白黒写真で知られている。作品の多くは、裸体か服を纏った女性と周囲が融合したぼやけたものである(ぼやけは、人物の動きや露出時間の長さの為)1975年から1978年まで、アメリカのロードアイランド・スクール・オブ・デザイン (RISD)にて学び、途中一度イタリアへと留学。1979年にNYへ移住し、写真家として活動を始めるが、1981年、22歳という若さで自ら命を経った。ウッドマンの両親は10000点以上のネガを保管しており、2006年には800点のプリントから120点の写真がセレクトされ大規模な展覧会がロンドン、NYにて開催された。

本書は、2016年5月11日から2017年3月19日まで、 スウェーデン・ストックホルムのModerna Museetにて開催された展覧会を機に刊行されました。ウッドマンは、亡くなる数年前に魅力的な写真を多く制作しました。これらの作品は、ジェンダー、セクシャリティー、身体、表現、を探ります。撮影は、廃屋や特別な環境で行われ、鏡たガラスを使っており、シュルレアリストを誘起しさらに閉鎖感を感じさせます。この展覧会及び本書では数百枚の写真をシリーズとテーマに分けて、ウッドマンの探求した表現そして文脈を追求しました。

9周年記念SALE 10%オフ 3,700円→3,330円

出版社:  Walter Konig
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  22.5 x 17 cm
ページ数: 232ページ
状態:   新品

販売価格

3,330円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍