• banner
  • マルティン・キッペンベルガー【Meartin Kippenberger】

    マルティン・キッペンベルガー(Meartin Kippenberger 1953年 - 1997年) ドイツ出身の芸術家。作品は常に現代美術と現代社会に起きた問題に向かっており、また特定の表現方法やスタイルに留まることを好まず、様々な手法にて多数かつ多様な作品を制作。ハンブルグの美術学校にて学ぶ。シグマー・ポルケに影響を受ける。1977年にフィレンツェ(イタリア)にて初個展を開催。その後、ベルリンに拠点を移し、SO36というベルリンのクラブのディレクターに就任し、同時にパンクバンドを結成。パリに長期滞在し、その後、ケルン(ドイツ)に移りケルンのアートシーンの一人として活動を続けた。世界中の様々な場所で制作活動を続け、1991年から数年は、フランクフルト造形美術大学とカッセルアートアカデミーにて教鞭を執る。彼の生まれた時代は、アルバート・オーレンなど多数のアーティストがおり、NYタイムズのロベルタ・スミスよるとこの時代は”恐るべき子供たちの時代”でありキッペンベルガーはその中でも中心的存在だったと述べています。ゲルハルト・リヒターの絵画を自分で購入し、それをコーヒーテーブルにしたり、1990年代には「ロスト・アート・ムーブメント」の影響から、「世界を結ぶ地下鉄網」シリーズなどを制作。

    本書は、2015年1月10日から2月7日まで、タカ・イシイギャラリー 東京にて開催れた展覧会を機に刊行されました。展覧会は、マルティン・キッペンベルガー財団とギャラリー・ギゼラ・キャピテンの協力によって実現し、日本における初めての大規模な個展として開催されました。1990年代に制作された38点のマルチプル作品、6点のポスター、1点のドローイング、3点のホテル・ドローイングが展示され、本書でも展示風景や作品が162点の図版で掲載されています。
    特に、マルチプル作品は、キッペンベルガーの作品を知る入り口となるだけでなく、他の作家や現代美術など彼を取り巻く環境や、作品への多様な解釈へと導いてくれます。また、これらの作品には、ギュンター・フェルく、ブルース・ナウマン、スーザン・ローゼンバーグ、バーネット・ニューマン、ロバート・ライマン、そしてミニマリズムやその時代の政治思想が参照されており、様々な要素を見ることができる。

    出版社:  Taka Ishii Gallery
    タイプ:  ペーパーバック
    言語:   日本語、英語
    ページ数: 200ページ
    サイズ:  21x 13.6 cm
    状態:   新品
    その他:  図版162点、限定650冊

    販売価格

    4,950円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン