ロバート・フランク【What We Have Seen】

ロバート・フランク (Robert Frank 1924年 - 2019年) スイス・チューリヒ出身の写真家、ドキュメンタリー映画製作者。1947年にアメリカ合衆国へ渡りバイナショナルとなる。現代を代表する写真家の一人でもある。1958年に刊行された代表作「The Americans」は、当時のアメリカ社会を第三者の目線で捉えた新鮮でニュアンスある見方が評され、現代のトックビルとされた。また、従来の写真美学とは違った映画的なシークエンスによる見せ方は、ドキュメンタリー写真の新たな可能性を見出した。
1947年のアメリカ合衆国へ移住後、ハーパース・バザーなどのコマーシャル写真(ファッション写真)にて働く。その後、欧州を中心に様々な場所を旅しながら撮影し始め、その功績はエドワード・スタイケンやウオーカー・エヴァンズらに認められた。「ザ・ファミリー・オブ・マン」展への参加や、フォーチューン誌にて写真を発表している。1955年には、外国人として初めてグッゲンハイムの奨学金制度を取得。「アメリカの広範かつ豊富な写真による記録」を目的とし1956年までアメリカ各地を撮影する。そして、1958年に代表作「The Americans」をパリにて刊行。また、1958年以降からロバート・フランクは、16mmフィルムやビデオなどの映像作品を制作しており、1970年より写真を再開。

本書は、ロバート・フランクのビジュアルダイアリーの6冊目として2016年に刊行されました。「What We Have Seen」(私たちが見たもの)には、フランクの長く陽気な人生で出会った人々や場所が詰まっています。
静かでありながら、時間の経過を思い出させるこの本には、思い出や古い写真が多く掲載されています。例えば、「Souvenir」(お土産)というテキストが、フランス語のテキストと虫眼鏡の写真に添えられており、ライトモティーフのように写真たちが私達を思い出の中に誘います。マブーにあるフランクの家は、ジャック・ケルアックやアレン・ギンズバーグ、ウィリアム・S・バロウズやゲルハルト・シュタイデルなどフランクファミリーの隠れ家として描かれており、まさにフランクの陽気な人生とそれを取り巻く人々を捉えたビジュアルダイアリーです。


出版社:  Steidl
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 48ページ
サイズ:  25 x 20.5 cm
状態:   新品
その他:   図版46点

販売価格

3,500円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍