• banner
  • クロード・モネ【MONET - The Garden Paintings】

    クロード・モネ(Claude Monet 1840年 - 1926年)フランス・パリ出身。印象派を代表するフランスの画家。光の画家と称されている。10代の頃より、絵画作品を制作し、文具店の店先に陳列された。ジャック=フランソワ・オシャールにデッサンを学ぶ。1860年により、アカデミー・シュイスに入学。1861年には徴兵を受け、アフリカに兵役を務めた。1862年には、オランダの画家ヨハン・ヨンキントに出会い、影響を受ける。また、シャルル・グレードのアトリエに入る。1965年には、サロン・ド・パリに初出品し入選。1870年普仏戦争時は、オランダを経てロンドンい渡り、ターナーやコンスタブルを研究した。1974年4月15日から5月15日まで、写真家ナダールの写真館で、「第1回印象派展」を開催。1878年ヴェトゥイユに移住。1881年ポワシーに移住。1883年にジヴェルニーに移住し、1926年に亡くなるまでこの地で制作を続けた。

    クロード・モネの描いた、水と空気がお互いにキャンバスに流れ込むような印象派の代表作「睡蓮」は、世界中で知られた名画です。
    30年以上に渡って、モネは池の睡蓮を300回以上描きました。そして今日、この庭の絵画は傑作として多くの知ル作品となりました。初期、彼は依然として従来の空間の境界に固執していますが、睡蓮は、主題が光によって定義されるように無限の宇宙に進化しています。
    モネは、最も影響力ある芸術家の一人です。彼の美術史への影響は計り知れません。ゴッホだけでなく、ポロックやロスコなど抽象表現主義の画家、ポップアイコンのアンディウォーホル、さらには60年代のミニマリストでさえ、モネの色と光の遊び、形式的な言語、何度も何度も再解釈さた同じ主題について研究を行いました。
    過去にオランダでの大規模なモネ展覧会は、1986年にゴッホ美術館で開催されました。Kunstmuseum Den Haagは、2019年10月12日から2020年2月2日まで、傑作を集めたモネの展覧会を約30年振りに開始することを決定しました。本書は、その展覧会を機に刊行され、書籍内には、40点以上の国際的に認知される傑作を掲載しています。

    出版社:  Cannibal Publishing
    タイプ:  ハードカバー
    言語:   英語
    ページ数: 208ページ
    サイズ:  29 x 24.5 cm
    状態:   新品

    販売価格

    4,600円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン