• banner
  • リー・ヨンゼ【Das Grün in Den Schalen】

    リー・ヨンゼ (Young Jae Lee 1951年 - ) 韓国・ソウル出身、陶芸家。ソウル芸術大学にて陶芸を学び、ドイツの工芸大学に留学。1970年代にドイツの陶芸家の元で修行し、1978年に自身の工房をドイツ・ハイデルベルグ近くに設立。また、1987年よりドイツ・ヘッセンのマルガレーテンヘーエ工房のディレクターも努める。伝統的な韓国陶芸とドイツ・バウハウスのエッセンスを融合した作品は、日常でも使用できる身近な作品としても機能している。(ここ日本の雑誌:クウネルvol.26でも、工房を紹介)

    本書は、2019年5月23日から7月14日まで、ドイツ・エッセンのMuseum Folkwangにて開催された展覧会”Das Grun in Den Schalen”(The Green in the Bowls)を機に刊行された書籍です。この展覧会では、”Spinach Bowls”(ほうれん草の器)が展示されました。このボールは茶碗のようであり、形は韓国の飲食用ボールに影響を受けた16世紀の日本の茶碗に由来します。しかし、ヨンゼは新しい名前を付け、この茶碗の新しいストーリを繋ぎ続けています。彼女の作品は、適切な素材の利用、適切な機能、円や正方形などの幾何学的形状に基づく構成、継続する生産性のアイデアなどバウハウスの提唱する理念を共有しています。本書では、60点の図版にて、20世紀の東アジアの陶磁器のドイツで続く新しいストーリーを紹介します。

    出版社:  Arnoldsche Art Publishers
    タイプ:  ペーパーバック
    言語:   英語、ドイツ語
    ページ数: 120ページ
    サイズ:  21 x 16.5 cm
    状態:   新刊
    その他:  図版60点

    販売価格

    4,500円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン