ロバート・キャパ【Death in the Making】

ロバート・キャパ(Robert Capa 1913 - 1954年)ハンガリー出身の写真家。(1933年アメリカへ亡命。終戦後の1946年にアメリカ市民権を獲得した)(本名:フリードマン・エンドレ・エルネー、アンドレ・フリードマン)スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦(ヨーロッパ戦)、第一次中東戦争、第一次インドシナ戦の20世紀の大きな戦争を取材した同世紀を代表する戦場カメラマン。アーネスト・ヘミングウェイやピカソなどの芸術家達との親交も深く、彼らのプライベートな写真も数多く撮影している。1947年にアンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デヴィッド・シーモアらとともに写真家集団”マグナム”を結成。代表作”崩れ落ちる兵士”は、1936年にフランスの写真週刊誌「ヴュ」に掲載され翌年にはアメリカのグラフ誌「LIFE」掲載、世界中で知られることとなった。他に「ちょっとピンぼけ:Slightly out of Focus」というタイトルの写真著書も出版。

本書は、1938年に刊行された「Death in the Making」の復刻版です。スペイン内戦を捉えたこの写真集は、マヌエル・アサーニャ率いる左派とフランシスコ・フランコの右派の反乱軍による抗争の中で戦った男性・女性、ピン肝心、兵士への痛烈な賛辞として出版されました。
貴重なこの写真集は、1938年に刊行された後、希少な書籍となっており、書籍の状態も劣化の一途を辿っていました。この復刻版は、オリジナル版と同様にアンドレ・ケルテスのレイアウトと、キャパ自身によるキャプション、そして作家ジェイ・アレンによる序文をそのままに、高画質の印刷による美しい図版で生まれ変わりました。また、オリジナル版の新しい研究を含むエッセイ、場所・日付などの完全なリストも収録されています。
さらに最も新しい重要な情報は、ロバート・キャパとゲルダ・タローだけが、この書籍の写真がではなく、彼らの親友であり、同僚のチム(後のデビッド・シーモア)の作品も含まれているということです。


出版社:  Damiani
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 112ページ
サイズ:   28.5 x 22 cm
状態:   新刊
その他:  図版152点

販売価格

4,900円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍