セシリー・ブラウン【Cecily Brown】

セシリー・ブラウン(Cecily Brown, 1969 - )イギリス出身、1994年よりニューヨークを拠点に活動を行う画家。1985年から93年までイギリスの様々な大学にてドローイングと版画、絵画を学ぶ。ニューヨークに移住後は、ガゴシアン・ギャラリーと契約し、ゴヤ、デ・クーニング、ジョアン・ミッチェル、フランシス・ベイコンから、ルーベンスやプッサンなどの巨匠に至るまで様々な画家の影響から生み出された絵画作品で、1990年代後半からアーティストとして広く知られるようになる。
抽象としばしばエロティックな姿勢の身体の断片などの具象的描写を複雑に組み合わせ、色彩と動きにあふれた作品は、女性特有の視点を感じる。

本書は、私たちの時代の最も影響力のある画家の一人セシリー・ブラウンの最初で、そして、非常に期待されているモノグラフです。もともと抽象表現主義の影響を受けたブラウンは、長年に渡り独自の方法を模索してきました。抽象とリアリズムの両方に触発されたプロセスを通じて、油画の官能的なクオリティを生み出しました。象徴的な言葉、溢れる筆致、豊かなパレット、強烈なエネルギー、そしてエロティックな抱擁は、オールドマスターの絵画と大衆文化への様々な言及を通じて、絵画の歴史的模範を大胆に再定義しています。

出版社:  Phaidon
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 160ページ
サイズ:  290 x 250 cm
状態:   新刊
その他:  図版200点

販売価格

5,500円(内税)

SOLD OUT



新入荷!






人気書籍