デニス・ホッパー【Colors, The Polaroids】

デニス・ホッパー(Dennis Hopper 1936年 - 2010年)アメリカ合衆国・カンザス州出身。俳優、映画プロデューサー、芸術家。1950年代より俳優として活動を開始し、1969年に監督・脚本・主演した映画「イージー・ライダー」によりアメリカン・ニューシネマの代表作として広く知られるようになる。映画の仕事の他、現代アートに造詣が深く、アート・コレクターとしてや、自ら写真や絵画作品を制作するアーティストとしても知られており、1961年以来、ペンシルバニア州ピッツバーグのアンディ・ウォーホル美術館での大きな回顧展を含む数多くの展覧会を行っている。日本でも過去に写真展が開催された。

本書は、1987年に映画「Colors」を監督する直前に、デニス・ホッパー自身がロサンゼルスで撮ったポラロイド写真を初めて書籍にまとめた一冊です。
15年間のニューメキシコ州タオスでの生活後、80年代半にロサンゼルスに戻り、1987年に映画を撮影する前にギャングの落書きを記録しました。特に、落書きが隠されたり上書きされた時に現れる塗料が重なり合う時にできる抽象的な形に引かれ、思いを巡らせました。「あらゆる場所にアートは存在していて、それをただ通り過ぎるだけでなく、フレームに入れることを選択した」とホッパーは言います。
この写真は、ホッパーが何年も前に一度中断してしまった写真の世界に戻る最初の旅の部分を担って
います。書籍は、Michael Schmelingによって編集され、タオス時代の個人的な写真も含まれています。

出版社:  Damiani
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 132ページ
サイズ:  20.2 x 23.3 cm
状態:   新刊
その他:  図版120点
刊行年: 2016
ISBN:   9788862084765

販売価格

5,500円(内税)

購入数



新入荷!