エドガー・ドガ【Little Dancer, Aged Fourteen】

エドガー・ドガ(Edgar Degas 1834年 - 1917年)フランス・パリ出身の芸術家。印象派を代表する芸術家の一人でもある。絵画の他にもブロンズの彫刻や版画、ドローイングを制作。特に、ダンスをテーマとした作品を多数手がけ、全ての作品の半数以上がダンサーを描いている。印象派の創設者の一人とみなされているが、ドガ自身はこれを拒否し、写実主義と呼ばれることを好んだ。また、印象派の画家のほとんどが、屋外で描いているが、彼は屋内で行なった。素晴らしいドラフトマンであり、特に動きの描写に優れていた。また、肖像画は、心理的な複雑さと人間の孤独の描写に富んでいる。学術的な訓練と古典芸術の綿密な研究を行っており、伝統的な手法に現代の主題を取り入れることに成功した。

本書は、エドガー・ドガの”Little Dancer, Aged Fourteen”の石膏彫刻が発見された後、グレゴリー・ヘドバーグ博士によって書かれた書籍です。この書籍の刊行前には、アート界で活発な議論を引き起こしました。この新たに発見された”Little Dancer, Aged Fourteen”は、有名なドガの作品の我々の理解をさらに深めなければなりません。また本書には、オリジナルドキュメンタリーと著者による声明など、5つのテーマで本編の内容を補完するがCDも付属しています。ドキュメンタリーや技術的な証拠により、1903年以降に蝋人形が大幅に作り直される前に、この作品が鋳造されていたことが確認されました。したがって、1881年の第6回印象派展でパリで衝撃を与えた頃です。それは、今日私たちが知っているブロンズの彫刻作品よりも、遥かに革新的な作品であったことを明らかにしています。石膏彫刻は、ドガに象徴的なポーズ”Opera Rat”を革新的なアイデアに仕上げ、正方形のガラスケースに固定され、対照的な4面の姿勢を強調しました。これらのアイデアは、その時代の多くの画家、そして前衛芸術の作家にも大きな影響を与えました。


出版社:  Arnoldsche
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 312ページ
サイズ:  30.5 x 23 cm
状態:   新品
その他:  図版381点、CD付属

販売価格

6,900円(内税)

購入数



新入荷!