アンドリュー・ビィック【Original/Ghost/Compendium】

アンドリュー・ビィック(Andrew Bick 1963年 - )イギリス・グロスターシャー出身の芸術家、キュレーター。油絵具、マーカーペン、ワックス、アクリル、パースペックス(アクリルガラスの一種)を組み合わせた作品を制作。パズルのような幾何学的でグラフィック的な要素を持ち、伝統的な構成主義とシステムアート再評価しながら機能する。また、ヘンリー・ムーア研究所の研究員であり、Premio Internazionale Fair(1992)の受賞、NatWest Art Prize(1999)、Jerwood Painting Prize(1998)の最終候補に選出された。

本書は、2021年2月に刊行された書籍です。構成主義の伝統の系譜にいるアンドリュー・ビィックのカラフルな幾何学的絵画は、グリッドやフリーフォームの形、透明と不透明
、光沢とマットな表面を組み合わせたレイヤーのドローイングとペインティングで構成されています。本書では、120点の図版にて、彼のスタイルをご覧いただける一冊です。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 160ページ
サイズ:  29 x 26 cm
状態:   新刊
その他:  図版120点

販売価格

5,500円(内税)

購入数



新入荷!