ルイジ・ギッリ【Cardboard Landscapes】

ルイジ・ギッリ(Luigi Ghirri 1943年 - 1992年)イタリア・スカンディアーノ出身の写真家。特に建物や風景からなるコンセプチュアルな1970年代のカラー写真で、先駆的な写真家として知られている。初期の2つの写真集、「Atlante」(1973年)、「Kodachrome」(1978年)からも見られる、被写体とその周りを取り囲む環境の繊細な関係性や、無表情な中に垣間見えるウィットな表現が丁寧な仕事を伺わせる。ここ日本では、画家ジョルジュ・モランディのアトリエを撮影した作品でも知られている。また、フォトグラファーとして活動を始めた当初から、写真についてのテキストを自身の出版物や、イタリアの新聞・雑誌にて発表を行なっていた。

本書は、ルイジ・ギッリの詩的な写真集の復刻版です。
1971年から1973年のヨーロッパ旅行中にこの写真シリーズ「Cardboard Landscapes」を制作しました。そして、「感傷的な地理(sentimental geography)」という用語を作り、普通のことを調べれば注目に値するという、彼のユニークなアプローチを解説しました。1975年にこのシリーズを白い紙に並べ100枚を超えるカラー写真を貼り付けた手作りのアルバムが、当時のニューヨーク近代美術館の写真部門のディレクタージョン・シャーカフスキーに贈られました。
そしてこの度、初めてこの貴重なギッリの初期作品が出版されました。この写真集は、よく知られたギッリ作品よりも複雑な構成をしています。写真や広告たちをフレーミングし、地域、個人、大衆文化を同時に反映しながら詩的な物語を紡いでいます。その後の作品では、明確になる彼の詩的な物語写真の出発ともいえる一冊。

出版社:  The Museum of Modern Art, New York
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 112ページ
サイズ:  26 x 25 cm
状態:   新刊

販売価格

5,600円(内税)

購入数



新入荷!