アレックス・カッツ【Painting the Now】

アレックス・カッツ(Alex Katz 1927年 - )
独自の洗練された人物画、風景画で広く知られるアメリカのアーティスト。ニューヨーク・ブルックリン生まれ。1946年から1949年はニューヨークのThe Cooper Unionで学び、1949年から1950年はメイン州のSkowhegan School of Painting and Sculptureで美術を学ぶ。特にSkowheganでの経験が、彼の画家としての人生を決定する。カッツは自身の絵画スタイルを発見するために初期の10年間の約1000枚の絵画を破棄したことを認めている。「ひとつに私はすでに公認されていることをしたくはない。特定の題材において、私は基本的に物語が好きではないんです」と語っている。絵画作品は、均一に塗られた絵の具、選ばれたシンプルなアウトライン、木製のパネル(最初はアルミ)を特徴とする。これは、日本の版画家喜多川歌麿からの影響とされ、このスタイルを維持しながら、60年代、70年代、80年代と各年代に様々なシリーズを描く。また60年代後半には版画、70年代後半には公共の施設とのコラボレーションなどを行なっている。

カッツは、抽象表現主義が全盛期であり、またポップアートが爆発的に広まる直前の1950年代より70年以上に渡って、「現在形で絵を描く」と表現される、今、ここの人間知覚の即時性を表現することに専念してきました。
彼のユニークな美学は、常に同世代の画家とは一線を画しています。
本書は、現代音楽、ダンス、詩からの影響、家族や友人など様々な人物の象徴的な肖像画、あまり知られていない街を題材とした風景画など、カッツの70年に及ぶキャリアを通した100点以上の作品を紹介。カッツの完成された技術と、映画、ファッション、広告などの言語と絵画との緊張関係を改めてご覧いただける一冊です。


出版社:  Hirmer
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 120ページ
図版:   107点
サイズ:  33 x 27 cm
状態:   新刊

販売価格

4,600円(内税)

SOLD OUT



新入荷!