ゾフィー・トイバー=アルプ【A Life through Art】

ゾフィー・アンリエット・ゲルトルード・トイバー=アルプ(Sophie Henriette Gertrude Taeuber-Arp、1898 - 1943)
チューリッヒ・ダダ運動の中心人物として活動した、20世紀初頭の最も重要なスイスの女性アーティストの一人。ダンサー、画家、彫刻家、テキスタイル・アーティストであり、デザインやインテリア設計も多数手がけた。
スイス東部の山岳地域ダボスで生まれる。1906年から10年まで、サンクト・ガレンでテキスタイル・デザインを学ぶ。その後、ハンブルクで美術工芸を、チューリッヒでダンスを学んでいる。1915年にダダイスムのアーティスト、ジャン・アルプと出会い、1922年に結婚。2人は共同で多くの作品を残した。191年代の後半から、キャバレー・ヴォルテールを拠点としたチューリッヒ・ダダの運動に関わり、ダンサー、振付師、人形使いとして参加。1920年代後半にはパリに移住し、構成主義的デザインによるインテリア作品を手がける。また、1930年代には、ジャン・アルプ、ワシリー・カンディンスキー、ピエト・モンドリアン、クルト・シュヴィッタースらと共に、アプストラクシオン・クレアシオンのメンバーとして抽象表現芸術を制作。1943年ガス漏れ事故によりスイスで死去。

本書は、近年、現代美術のパイオニアとして再注目されているゾフィー・トイバー=アルプの、家族のアーカイブからの写真を含む、厳選された多くの資料とテキストによって、彼女の人生と作品を結びつける初めての書籍となります。著者のSilvia Boadellaは、ゾフィーの姪であり、彼女のアートとともに育ちました。彼女のアプローチは、家族の思い出、物語、文書、および未発表の資料から、まるでゾフィーの目を通して世界を見ているかのように親密で感情移入させるものとなっています。
2つの世界大戦の脅威にもかかわらず、ゾフィーは内なる自己と喜びを見つけ、それを維持しただけでなく、人生の試練に耐え、自分自身に忠実であり続けるために大きな力を発揮しました。書籍では、愛、誕生、死など、すべての人間の生活の中心となるトピックを織り込むことで、ゾフィーの作品への直接的・感情的なアクセスを提供し、彼女のアートを通して、読者がそれらに創造的に関与し、アーティストの人生を生き生きと感じさせるユニークな一冊となっています。


出版社:  Skira
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語/ドイツ語
ページ数: 224ページ
サイズ:  26 x 22 cm
状態:   新刊

販売価格

4,600円(内税)

購入数



新入荷!