杉本博司【Conceptual Forms and Mathematical Models】

杉本博司(Hiroshi Sugimoto 1948年 - )東京出身。日本を代表する写真家であり芸術家。現在は、東京及びニューヨークを拠点に活動。立教大学経済学部を卒業の後、1970年にアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン(ロサンゼルス)にて、写真を学ぶ。その後、アシスタントを経て1975年に自身のスタジオを構え、1976年にニューヨーク近代美術館(MoMA)写真部門へ、最初のシリーズ「ジオラマ」の一枚を持ち込み、評価を得る。ニューヨーク州やグッゲンハイムの奨学金を得て、写真制作に没頭した後、生活の為に古美術商ギャラリー「MINGEI」を開業。「ジオラマ」「海景」「劇場」「ポートレート」「蝋人形」「陰翳礼讃」「建築」など多くの写真集を刊行。2009年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。2013年にはフランス芸術文化勲章オフィシエを受章している。

杉本博司の細心の注意を払った写真撮影は、画家のそれと似ています。 マルセル・デュシャンの宇宙の力学と数学的基礎への執着、マン・レイの19世紀の数学的モデルによる写真の両方に触発されて、杉本は東京大学で同様のモデルを撮影しました。そして、ギリシャの堂々とした彫刻や建築を思わせる、実物よりも大きく印刷された非常に美しい写真作品を制作しました。
本書は、ワシントンD.C.のThe Phillips Collectionで2015年に行われた展覧会に合わせて刊行された作品集になります。杉本の数学的写真と、アルミニウムまたはステンレスを使用しコンピューター制御の精密フライス盤で作成された数学的モデルを比較対照させた、初めてとなる書籍です。


出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 96ページ
サイズ:  25.5 x 23.5 cm
状態:   新刊

販売価格

3,000円(内税)

購入数



新入荷!