《予約販売》エレーヌ・ビネー【The Intimacy of Making】

エレーヌ・ビネー(Helene Binet 1959年 - )スイス・ルガーノ出身、スイス/フレンチの建築写真家。現代の建築写真家を代表する一人でもある。現在は、イギリス・ロンドンを拠点に活動。建築家ダニエル・リベスキンド、ピーター・ズントー、ザハ・ハディットなどの建築写真で特に知られている。2008年にThe Royal Institute of British Architectsを受賞。また、2015年には、The Julius Shulman Institute Excellenceの写真部門の最優秀賞を受賞。現在作品は、ニューヨーク近代美術館やペンシルベニアのCarnegie Museum of Artなどのコレクションに収蔵されている。

ビネーによる韓国の伝統的な建築を写した写真集。韓国にある3つの史跡、儒教の学校:屏山書院、瀟灑園の庭園と茶室、寺院宗廟を純粋な写真に捉えました。自然と建築構造の両方を捉えたカメラワーク、そして、被写体の純粋さ、見過ごされがちな美と調和、そして工芸と構成への配慮は、通常見過ごされがちな繊細な環境風景を私たちに再認識させてくれます。
また。韓国建築家ByoungSoo Choによる遺跡の文化的および建築的歴史への洞察と、写真家/作家Eugenie Shinkleによる写真の”making”を焦点に論述した2つのエッセイも収録。

こちらは、予約販売の書籍となります。
ご注文頂きました後、お取り寄せしまして書籍入荷後に発送させて頂きます。
ご注文を頂きましたお日にちから約3週間から5週間でお届けいたします。(クリスマスホリデー、年末年始を挟むため少しお時間を頂戴いたします)


出版社:  Lars Muller Publishers
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 236ページ
サイズ:  30 x 24 cm
状態:   新刊
その他:  図版151点

販売価格

9,900円(内税)

購入数



新入荷!