ギイ・ブルダン【Untouched】

ギイ・ブルダン (Guy Bourdin 1928年 - 1991年) フランス・パリ出身の写真家。シュルレアリズムの影響を受けた画面構成、青緑色などの鮮やかで印象的な色彩、女性の官能的な(時として残酷な)描写を特徴とし、見る者に強く訴えかけるブルダンの写真は、ファッション写真の枠を超え、アートの領域にまで広げたと言われている。フランス空軍在籍後、パリでマン・レイと知り合い画家を目指すが、経済的な厳しさから写真家に転向。1953年に初の写真展を行い、1955年にはフランス版ヴォーグの写真家となり、以降ファッションと広告写真で最も知られる写真家の一人となる。

ブルダンは、画期的な”Image-maker”であり、間違いなく20世紀で最も影響力のあるファッション写真家の一人でした。印象的な色彩の使用、示唆に富む物語性、シュルレアリスムの美学が、彼の視覚言語を確率しました。
ブルダンは、カラー写真で知られていますが、1950年代初頭に白黒写真でキャリアをスタートさせました。本書では、この初期の彼の洞察を探求しています。展覧会用に考案され慎重に製作された写真や、フランスのヴォーグやフォトフェミナへ参加するよりも前の時期になります。初期の芸術的なプロセスは、コンセプトと構成の両方で、印象的なレイアウトや映画のような物語性のあるポートレートの魅力を創り上げています。媒体となるものの現実を超越し、型破りな操作を通じて、独自の視点を模索したブルダンの初期作品をまとめた一冊。

出版社:  Steidl
タイプ:  ペーパーバック
言語:   フランス語
ページ数: 256ページ
サイズ:  30 x 24.5 cm
状態:   新品

販売価格

5,300円(内税)

購入数



新入荷!