ヴォルフガング・ティルマンス【A Reader】

ヴォルフガング・ティルマンス(Wolfgang Tillmans, 1968年 - )ドイツ・レムシャイト出身の芸術家。。現在は、ベルリンとロンドンを拠点に活動を行う。交換留学でイングランドを訪れ、1990年から1992年に南イングランドのボーンマス大学にて学ぶ。1994年には、NYに一年滞在。1992年頃より、ロンドンのクラブやゲイカルチャーなど、自身の友人や若い世代の人々の「現在」を写したスナップ写真や、それらの写真を掲載した雑誌によって注目を浴びる。2000年には、ターナー賞を写真家として、そしてイギリス人以外の芸術家として、初めて受賞する。
彼の目線で切り取られた写真は、ある種のコンテクストを含み、様々な実験的試みがなされる現像過程や、空間的に配置され、額装ではなくピンやテープで留められた展示まで、一貫した制作姿勢を見ることが出来る。一部の展覧会でのシリーズを見た人は、タイポロジー的だとも評している。

本書は、ヴォルフガング・ティルマンスへの膨大なインタビューと言葉を重要な表現手段としていた彼の多くの執筆をまとめた一冊です。
年代順に構成され、写真、音楽、政治、ナイトライフ、天文学、スピリチュアリティー、アクティビスムなどに関する彼の考えを反映しています。
情報源は、コンテンツと同様に多様で、展覧会カタログに掲載された声明や対談、ソーシャルメディアへの投稿や歌詞などを使用しています。写真家として自身の作品について語る場面でも、他人の考えを引き出す場面でも、ティルマンスは、爽やかにそして明晰な思考を備えた寛大な語り手です。この視覚的にも豊かでタイムリーな書籍は、過去30年間の社会的/文化的な変化と並行して、芸術と文化的な批評に対するティルマンスの関与を追跡しています。

出版社:  MoMA
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 352ページ
サイズ:  25 x 16 cm
状態:   新古品
その他:  図版100点

販売価格

6,800円(内税)

購入数



新入荷!