ポール・セザンヌ【The Letters of Paul Cezanne】

ポール・セザンヌ (Paul Cezanne 1839 - 1906年) 南フランス・エクス=アン=プロヴァンス出身。フランスを代表する画家です。ポスト印象派の画家、近代絵画の父と紹介されることが多い。筆のタッチを長方形(や正方形)に保ち、キャンバス上で色を混ぜ、じっくりと時間をかけて描かれた作風を特徴とする。色彩による調和によって生まれるフォルムにより、伝統的絵画の手法である遠近法を排除し新しい絵画を描いた。
1860年代、印象派の画家と知られるクロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールに出会い、またウジェーヌ・ドラクロアやギュスターヴ・クールベ、エドゥアール・マネらの影響を受けた。パリ・コミューンの混乱終了後の1870年には、ピサロより印象主義の技法を取得し、1880年には、自身の絵画への探求の違いから印象派の画家たちから距離をとった。1895年、パリで初個展を開催し成功をおさめる。1900年は、最晩年となり故郷:エクス=アン=プロヴァンスの美しいアトリエで自身の絵画への道に邁進した。

特異な思想家であり、芸術的真実を求める妥協のない探求者であるセザンヌは、幅広い知性と猛烈な機知の大部分を手紙に注ぎ込みました。
イギリスの美術史家Alex Danchevによるこの翻訳は、セザンヌと家族、友人、文芸界の主要人物とのやり取りの徹底的な再調査に基づいています。Danchevの偉大な功績は、英語の読者がセザンヌの声を彼自身の独特で特異なスタイルで初めて聞くことができるようにした点にあります。私たちが知っていると思っていたセザンヌとは異なりーー彼はより豊かで、より機知に富み、より賢く、より哲学的で、より短気で、何よりも非常に人間的です。
彼の芸術的ビジョン、政治、友情、心理学、哲学、文学的嗜好、古典的な参照枠について新鮮な視点を提供する一冊となっています。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
サイズ:  24 x 16.5 cm
ページ数: 392ページ
図版:   75点
状態:   新品
刊行年:  2019年
ISBN:   9780500295175

販売価格

3,600円(内税)

購入数



新入荷!