ヨーゼフ・ボイス【A Colorful World】

ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys 1921年 - 1986年)旧西ドイツ出身の現代アーティスト。独自の理論に基づく彫刻、インスタレーション、ドローイングなどの作品を制作、1960年代に現代アート・グループである『フルクサス』と接触してからは、アクションと呼ばれるパフォーマンス作品を数多く発表した。70年代以降は、アンディ・ウォーホルと並ぶ現代アート界のスーパースターとして注目されただけでなく、「社会彫刻」という概念のもと、「国際自由大学」の設立、「緑の党」への関与などアートの領域を社会活動にまで広げ、その活動は常に賛否両論を巻き起こした。また、デュッセルドルフ芸術アカデミーのボイスの教室からは、ゲルハルト・リヒター、ジグマー・ポルケ、アンゼルム・キーファーなど、後のドイツ美術を代表するアーティストが生まれた他、現在のアーティストにも多大な影響を与えている。

ボイスは作品形態の多様さもさることながら、フェルト、ボール紙、木材、銅や鉄などの金属、硫黄、野ウサギの血液、バターなど様々の特殊な素材を組み合わせて作品制作を行いました。
本書は、1970年から亡くなる1986年までに制作された、アッサンブラージュ(既製品を組み合わせたオブジェ)、彫刻、ドローイング、版画作品を取り上げ、それらからボイス特有のメランコリックな色彩の使用とその技術を検証し、多様な彼の作品群を読み解きます。


出版社:  Schirmer/Mosel
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 119ページ
サイズ:  29.6x 24 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版、モノクロ図版、テキスト

販売価格

5,200円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍