スティーブン・ショア【The Gardens at Giverny】

スティーブン・ショア(Stephn Shore, 1947年 - )アメリカを代表する写真家です。幼少期よりカメラを使用し、14歳でニューヨーク近代美術館にコレクションされました。10代の頃にアンディー・ウォーホールのFactoryに出入りし、刺激を受けると共にアーティストやウォーホルを取り巻く人々を写真に収めています。1971年には、メトロポリタン美術館にて個展を行った(故人を除く)最初の写真家となります。その後、全米を旅しながら、ノスタルジーを感じさせるアメリカ特有の風景を収めたフォト・ダイヤリー『America Surfaces』を制作します。それまで、写真作品としては認められていなかったカラー写真を作品制作に使用したことから、ウィリアム・エグルストン等と共に『ニュ・カラー・フォトグラフィー』の作家と呼ばれ高い評価を得ます。
以降も、大判カメラによる緻密な描写と大きなプリントを特徴とする風景写真の制作を続け、現在活躍中のアンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートなど多くのアーティストに大きな影響を与えている写真家です。
1999年ドイツでの『America Surfaces』展や、2003年イギリス、テート・モダンでの『Cruel and Tender』展など数多くの作品展を行い、世界中の美術館にてコレクションされています。

本書は、そんなショアーが撮ったモネの庭です。広大な彼の庭が、ショアーによってまた、別の物語を運んでくれます。もちろん、あの睡蓮の池の写真もあります。

出版社:  Aperture
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 71ページ
サイズ:  25.2 x 29.3 cm
状態:   中古品 ※良品(新品に近い状態です)

販売価格

5,800円(内税)

SOLD OUT



新入荷!