フィリップ・オットー・ルンゲ【Scherenschnitte】

フィリップ・オットー・ルンゲ(1777年−1810年)ドイツのロマン主義を代表する画家の一人です。色彩論を展開し、ゲーテとも書簡を交わしていた時期があります。マティスの「Cut-Out」やアンディ・ウォーホールのシルクスクリーンも重要な先祖でもあります。この書籍は、彼の美しく繊細な植物の切り絵を集めたものです。切り抜かれた繊細な植物の紙は、白。台紙は、ブルーやパープルや赤。このコントラストから、アウトラインの美しさがよく分かります。ドイツのロマン主義についての興味が湧く一冊となっています。


出版社:  Schirmer/Mosel
タイプ:  ペーパーバック
言語:   ドイツ語
ページ数: 117ページ
サイズ:  24.1 x 17.8 cm
状態:   新刊

販売価格

2,800円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍