マルレーネ・デュマス【Against the Wall】

マルレーネ・デュマス ( Marlene Dumas 1953年 - ) 南アフリカ出身の画家。現在は,
オランダ・アムステルダムを拠点に活動を行う。絵画、ドローイング、版画、コラージュ、インスタレーション作品を制作。1984年より頭部や人体の絵を描き始める。イメージソースとして、1000枚以上の写真(ポラロイドなど)、雑誌、新聞の切り抜きを使用。それらを用いて新たにコンテクスト作成し、彼女の特徴的な色彩、灰色、青、赤によって描かれる。1990年代初頭には、妊娠や赤ん坊をテーマにしたシリーズを作成。1998年から2000年は、写真家アントン・コービンとコラボレーションにて「Stripping girls」プロジェクトをアムステルダムにて行っている。2006年以降は歴史的に著明な人物にスポットを当て新しい肖像画として新たなコンテクストを用いて絵画を制作します。2007年には、ここ日本の東京都現代美術館にて展覧会が行われました。

本書は、2010年にアメリカ・NYのDavid Zwirnerギャラリーにて展示されたシリーズ”Against the Wall”を掲載した限定1000部の書籍となります。2008年以降(特に2008年のMOMAでの回顧展より後)、彼女のテーマは、普遍的なもの「愛」や「喪失」といったものに以降していきました。その後制作されたエルサレムの”嘆きの壁”を題材とした作品が本書掲載のシリーズとなります。掲載作品は、26点とやや少なめですが、見開き2ページで見せる絵画の美しい色は素晴らしいです。また、書籍事態のデザインも大変美しいものとなっています。
※1000冊限定刊行

※こちらは、新古品となります。表紙にヤケあり。

状態画像←クリック頂きますとご覧いただけます。

出版社:  TATE/D.A.P

タイプ:  ペーパーバック

言語:   英語

ページ数: 72ページ

サイズ:  32.4 x 24.8 cm

状態:   新古品
その他:  カラー図版26点、1000部限定

販売価格

8,800円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍