アントニオ・ロペス・ガルシア【Antonio Lopez】

アントニ・ロペス・ガルシア(1936年生まれ)スペインの画家です。マドリード・リアリズムの中心人物です。日常の一部を切り取って、極細部まで迫真的な描写で書き出しすることもあれば、演出が色恋ドラスティックな描き方をしたものまである。そのどちらも彼の作品の美しい光や空気感は、とても透き通った空間をキャンバスに浮かび上がらせる。また、彼の彫刻はその絵画からの印象と遠く無いのが不思議です。
こちらは、2011年から2012年1月にスペインにて行われた展覧会「Antonio Lopez」の際に、発行された同名の題の書籍です。制作風景の写真、テキスト、絵画、彫刻が掲載されています。映画「マルメロの陽光」でも、彼の制作風景は見ることができますが、こちらに掲載の写真もまた楽しいです。フレーミングの撮り方などをみるのもいいものです。

出版社:  Thyssen-Bornemisza Art Contemporary
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 269ページ
サイズ:  27.9 x 24.8 cm
状態:   新刊

販売価格

5,900円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍