• banner
  • 【お盆期間中のご案内】8月13日(木)から8月16日(日)まで、発送を休止させていただきます。上記の期間中も、オンラインスストアは常時ご利用可能です。8月17日(月)より発送業務を再開いたします。

    フランシス・ベーコン【Bacon and the Mind】

    フランシス・ベーコン(Francis Bacon 1909−1992年)アイルランド出身。20世紀を代表する画家の一人でもある。正規の学校教育・美術教育を受けていない。パリに移住しピカソの絵画に触発され1926年より絵を描き始め、1929年頃からは油彩を始めた。1934年に初の個展をロンドンにて行いますが、その後1930年−1940年代の作品を全て破棄してしまいました。1944年より、活動を再開し代表作の一つ「有る磔刑の下の人物のための三習作」を発表した。暴力的なデフォルマシオン(変形・歪曲)を加えた作品は衝撃を与え、54年にはルシアン・フロイドとともにイギリス代表としてヴェネチア・ビエンナーレに参加。今尚、世界中の人々を魅了し、その作品は世界の主要な美術館に収蔵されている。

    本書は、フランシス・ベーコンの芸術と動機を明らかにすることを目的として刊行された新しいシリーズ(全3巻)のベーコン研究書の第1巻です。5つのエッセイで構成され、最初のChtistopher Bucklowのエッセイでは、ベーコンの主題が現実を描写しているのではなく、彼の記憶や感性、プライベートな感覚やアイデアの世界を描いていることについて主張しています。二つ目のSteven Jaronは、ベーコンの習慣的な言語の心理的影響を疑問視し、脆弱性と神経系を伴う「創傷」への執着について取り上げます。結果、視覚的描写から、男性と彼の作品に対する洞察が明らかになりました。4つ目のDarian Leaderは、BBCのフランシス・ベーコンのドキュメンタリー映像”In the Name of the Father?”(1996)を制作するほどベーコンの作品に魅了されており、新鮮で刺激的な新しい洞察を寄稿。John Onianshaは、無意識な精神的プロセスにおける作品への影響を調査しました。そこでは、今までオンラインでしかアクセスできなかったSemir Zekiと石津智大の論文を再提示しました。また、フランシス・ベーコンのカタログレゾネの編集者であるMartin Harrisonによる序文とあとがきを掲載。

    出版社:  Thames and Hudson
    タイプ:  ペーパーバック
    言語:   英語
    ページ数: 156ページ
    サイズ:  26 x 20 cm
    状態:   新品

    販売価格

    4,300円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン