ロバート・ゴーバー【A Robert Gober - Lexicon】

ロバート・ゴーバー(Robert Gober 1954年 - )アメリカ合衆国の彫刻家。コネチカット州ウォリングフォード生まれ、Middlebury Collegeで文学とファインアートを学び、その後、バーモント州、イタリア・ローマでアートを学ぶ。1976年にニューヨークに定住し、大工として働きながら、画家の Elizabeth Murrayの元で5年間助手を務める。
初期は絵画作品を制作しながら、セクシュアリティ、宗教、政治をテーマに、しばしばキッチンシンクやドアなど家庭内のオブジェクト、人間の足など近しいオブジェクトを使用した彫刻作品を制作。彫刻は一般的なシンクの再制作のように見える場合でも、細心の手作業で制作される。
1980年代以降、北アメリカやヨーロッパを中心に数多くの展覧会を開催し、2001年にはベネツィア・ビエンナーレにアメリカ代表として参加。
エイズの流行した1980年代に、ゴーバーは他のアーティストと共に、エイズ支援のためにアートオークションを組織し、これまでの鑑賞の対象や商品としてではない芸術の活用方法を模索した。


本書は、現代美術において最も重要なアーティストの一人である、ゴーバーの彫刻インスタレーションをまとめた書籍になります。
これまでとは異なり、これらの新しい作品はセクシュアリティ、宗教、関係性、自然、記憶についての疑問を探究し、全て今日の政治的背景に基づいています。
2冊組の1冊目は、Brenda Richardsonによる、2年間に及ぶインスタレーションの発展の過程を収録しています。Richardsonはゴーバーとスタジオでの会話に多くの時間を費やし、複合的な作品のプロセスと複層的な意味についての前例のない資料を提供します。2冊目はフルカラーによる50点以上の図版を掲載し、作品の完全なカタログとなっています。

出版社:  Steidl
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 232ページ
サイズ:  23.4 x 17.4 cm
状態:   新刊
その他:  スリップケース入り(2冊組)、図版181点
刊行年:  2006年

販売価格

4,000円(内税)

購入数



新入荷!