ゴードン・マッタ=クラーク【Splitting, Cutting, Writing, Drawing, Eating】

ゴードン・マッタ=クラーク(Gordon Matta - Clark 1943 - 1978年)アメリカ・ニューヨーク出身のアーティストです。20世紀後半、建築界から現代美術のシーンに移り注目を集めました。35歳という若さでこの世を去りますが、クラークの活動・作品は、1960年後半から70年代のニューヨークとその場所を取り巻くアメリカ社会に強く根ざしたもので、過去十数年に渡り非常に大きな影響を与えました。最も知られた作品は、建築形態を一度通ったオブジェクトが、光と空気を纏うことで彫刻作品へと変化する家をチェーンソーで2つ切り分けた作品です。
クラークの作品は、その形態からも現存するものが少なくそのほとんどが、映像や写真での記録となっています。

本書は、ポルトガル・ポルトのセラルベス現代美術館と、リスボンのクルトゥルジェストで行われたマッタ=クラークの巡回展に合わせて刊行された一冊。Splitting、Cutting、Writing、Drawing、Eatingの章に分け、彼が残したプロジェクトのフィルム、ビデオ、写真などのメディア記録のほとんどを紹介するだけでなく、ドローイングやスケッチ、手紙など様々な資料と共に、今なお新鮮な驚きを与えるマッタ=クラークの作品とその視野に迫る内容となっています。


出版社:  Culturgest/ Serralves
タイプ:  ペーパーバック
言語:   ポルトガル語/英語
ページ数: 220ページ
サイズ:  25 x 18 cm
状態:   新刊

販売価格

5,000円(内税)

購入数