バウハウス【The Spirit of Bauhaus】

バウハウスの創立者であるヴァルター・グロピウスは、「Architects, sculptors, painters, we all must return to the crafts!」と宣言しました。バウハウスは、1919年に美術学校として設立され、1933年にナチスによって閉鎖を余儀なくされたこの伝説の学校であり、20世紀の美術とデザインに今日に至るまで大きな影響を与えています。パウル・クレー、ライオネル・ファインニンガー、ワシリー・カンディスキーなど著名な教諭陣に生徒たちは学ぶことができました。1922年にはハンネス・マイヤーの指揮の下、ワイマールからデッサウに拠点を移し、1932年にはルードヴィッヒ・ミース・ファンデル・ローエの指揮の下ベルリンへに移っています。そして、1933年、ゲシュタポはバウハウスを閉鎖しました。
本書は、ヨーロッパの中世の大聖堂や北斎の版画、ウィリアム・モリスやアーツ・アンド・クラフツ運動などバウハウスを生み出したインスピレーションの源泉を明らかにし、バウハウスで行われた様々なワークショップ、セラミック、木工、金属工芸、テキスタイル、ガラス絵、彫刻、壁画、印刷や製法、タイポグラフィー、広告など、あらゆる分野の驚くべき豊富な実演を詳しく解説しています。図版は300点以上。これらのアート、デザイン、クラフト、建築に関する資料は、バウハウスとは何かを理解する上で鍵であり、バウハウスを知ることのできる一冊です。
(2018年3月出版)

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 264ページ
サイズ:  30.2 x 23.7 cm
状態:   新品
その他:  図版300点以上

販売価格

6,400円(内税)

購入数