ヴォルフガング・ティルマンス【Today is The First Day】

ヴォルフガング・ティルマンス(Wolfgang Tillmans, 1968年 - )ドイツ出身のファイン・アート・フォトグラファーです。現在は、ベルリン(ドイツ)とロンドン(イギリス)を拠点に、クリエイティブな活動を続けるアーティストです。
交換留学にて初めてイングランドを訪れ、1990年から1992年に南イングランドのボーンマス大学にて学びます。1994年には、NYに一年滞在していました。1992年頃よりロンドンのクラブやゲイなど自身の友人や若い世代の人々の「現在」をスナップした写真や、それらを掲載した雑誌によって注目を浴びます。
しかし彼の写真作品は、ファッショナブルなスナップ写真に収まらない、様々な意図や工夫が盛り込まれています。彼の目線で切り取られた写真はある種のコンテクストを含み、様々な実験的試みがなされる現像過程や、空間的に配置され額装ではなくピンやテープで留められた展示まで、一貫した制作姿勢を見ることが出来ます。一部の展覧会でのシリーズを見た人は、タイポロジー的だとも評します。 2000年ターナー賞(イギリス)を写真家としてまたイギリス人以外のアーティストとして初めて受賞しています。

本書は、2018年10月26日から2019年3月10日までアイルランドのIMMA(Irish Museum of Modern Art)と2020年2月1日から5月24日までベルギー・ブリュッセルの現代アートセンターWIELSにて開催の初めての大規模なティルマンスの展覧会を機に刊行された書籍です。
コンセプトの立案からデザインまでをティルマンス本人が携わった本書では、過去3年間の最新の作品の進展と、イメージメーキングやビデオ、パフォーマンス、音楽、政治活動など多面的なアプローチや、ジャーナリストPatricia Hechtと地質学者Dr David Chewとティルマンスによる二つの対談、Devrim Bayar、Brian Dillon、Sara Glennie、Olivia Laing、Eimear McBride、David Nash、Michaela Nash、Mark O’Kelly、Benjamin Stafford、Catherine Woodによる寄稿、また30ページ以上に渡ってイギリス国立オペラで上演の「War Requiem」の為にデザインされた舞台装置や最新のポートレート、キンシャサやゴスラー、香港などでのインスタレーション作品なども掲載されています。

出版社:  Walter Konig
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 512ページ
サイズ:  19.7 x 25 cm
状態:   新刊
その他:  図版550点

販売価格

4,500円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン