【Fukt Magazine No.19 - for Contemporary Drawing】

【Fukt Magazine No.19 - for Contemporary Drawing】

Fukt Magazineは、2009年にノルウェーで創刊され2011年からはドイツ・ベルリンを拠点に現代のドローイングをフューチャーしたアート雑誌です。毎号違った斬新な表紙デザインと仕掛け、そして雑誌に付き物である広告等のPRが一切なく、余すところなくドローイング作品についてのみ取り上げています。現代の興味深い描画を焦点に世界中のアーティストの中から毎号様々なアプローチのドローイングを紹介。

世界をリードする魅力的で刺激的なドローイングマガジンの一つFukt Magazineの19号が、刊行されました。COVID-19のパンデミック期間に制作されたこの号では、ドローイングにおける叙事の芸術に注目しています。書籍内では、ドローイングとインタビューの両方を通して、無数の輝かしい物語の展開をご覧いただけます。定評あるアーティストChris Ware、Toyin Ojih Odutola、Brian Reaそして、新進のアーティストMaria PazとXiyu Tomorrowらの寄稿で構成されています。

現在の問題について、アーティストであり編集者であるビョルン・ヘガルトは、述べています。「パンデミックから気候変動、無意味な政治、そして家に閉じ込められた時代、世界的な驚異の時代に私たちは、これまで以上に物語を切望するかもしれません。他人の目を通して世界を見る、その全てを理解することを助ける物語。私たちは、馴染みのない、奇妙で未知の事柄を思い出し、想像し、理解することができるのかもしれません」
このエディション全体を通して、様々な方法で尋問が繰り返され、読書を神話からシーケンシャルとストーリーボードへの旅に連れて行きます。注目のアーティストらを結びつける糸は、「何よりも、彼らは美しく、驚きがあり、ユニークなそして悲しい物語で絵を描く人々です。いつものように私たちのマガジンでは、全てが私たちの愛するドローイングを中心に展開しています」とヘガルトは続けます。

出版社:  Revolver Publishing
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 232ページ
サイズ:  23 x 17cm
状態:   新刊

販売価格

2,800円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍