M/M Paris 【M to M of M/M Paris Vol.2】

【M/M Paris】ミカエル・アムザラグ(Michael Amzalag 1968年 - )とマティアス・オウグスティニアック(Mathias Augstyniak 1967年 - )により1992年に設立されたフランス・パリを拠点に活動するデザインユニット。二人は、パリの美術学校で出会いそれ以来、ファンション・音楽・アートなどのイメージ広告・展覧会ポスターやジャケット、PVなどを20年以上に渡り制作。彼らの作品の特徴は、独創的なタイポグラフィやドローイングの組み合わせによる構成です。デザインとアートの垣根を超えた新たなデザインを想像し続けるデザインユニット。1997年から2001年は、スイス・ローザンヌのEcole cantonne d’art de Lausanneにて教鞭を執る。

本書は、2012年に初版が刊行された第1巻【M to M of M/M (Paris) Vol.1】を完成させる内容となっています。M/M Parisの作品の中心は、プリント、ドロイング、写真、そしてタイポグラフィへの型破りなアプローチですが、その他に、映像、オブジェクト、インテリアも制作しています。「私たちの仕事は、対話のアイデアを表現することであり、その要素をファンションから音楽へアートへそしてまた元へと移行させながら、様々な媒体を活用している」と彼らは、説明します。各作品はとてもユニークですが、特定の要素が反復されており、それらが反響し合っています。バレンシアガ、カンルバンクライン、ステラマッカートニー、マークジェイコブズ、山本耀司などのファンション作品や音楽では、Benjamin Biolayやビョーク、カニエ・ウエスト、マドンナなど、Vogue Paris、Arena Homme +、Intervewなど雑誌、ポンピドゥセンター、テートモダン、グッゲンハイム美術館などとのアートプロジェクトや展覧会など様々なクリエイティブな世界とのコラボレーションを行っています。本書はAtoZとして図解され、Mで始まりMで終わり、ミカエル・アムザラグとマティアス・オウグスティニアックへのインタビューや850点を超えるプロジェクトが掲載されています。また、滅多に聞くことのできない、デザイナーピーター・サヴィルやエクスペリメンタル・ジェットセット、コーネル・ウィンドリン、浅葉克己や、ファッションデザイナーのミウッチャ・プラダ、ジョナサン・アンダーソン、アーティストのフランチェスコ・ヴェッツォーリ、監督のアーサー・ナウジシエル、キュレターのハンス・ウルリッヒ・オブリストら対談を掲載し、このクリエイティブな二人の示唆に富む洞察を提供しています。
Donatien Grauによる序文とEric Troncyによるあとがき、Emanuele Coccia、Jo-Ann Furniss、Alison M. Gingeras、Etienne Hervy、 Emily King、Philippe Rouyer、 Akira Takamiyaによる寄稿も収録。


出版社:  Thams and Hudson
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 456 ページ
サイズ:  35 x 26 cm
状態:   新刊
その他;  図版850点以上

販売価格

7,800円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍