エゴン・シーレ【Pathways to a Collection】

エゴン・シーレ (Egon Schiele 1890年 - 1918年)オーストリア・ハンガリー、トゥルン・アン・デア・ドナウ出身の画家。グスタフ・クリムトの弟子であり、20世紀初頭を代表する表現主義の画家に位置付けられる。1906年にThe Kunstgewerbeschule in Vienaに入学、3年で去る。1907年より、クリムトを師事する。1907年から1909年までの初期作品には、クリムトとの類似点があり、アールヌーボーの影響も受けている。1908年に初個展を開催。美術学校を卒業後、装飾的なエロティシズムだけでなく、伸張や変形、性的開放性など人間の性も探り始めた。1910年作の”Kneeling Nude with Raised Hands”は、20世紀に制作されたもっとも重要なヌードアート作品とされている。

オーストリア・ウィーンのベルヴェデーレ美術館は、シーレの存命中に彼の油絵を手に入れた最初のオーストリアの美術館であり、今日、シーレの絵画についての最高のコレクションを所有する美術館の一つとなっています。
本書は2018年から2019年にかけてベルヴェデーレ美術館にて行われた、シーレの没後100年を記念する展覧会に合わせて刊行された書籍になります。
『死と乙女』『抱擁』『Eduard Kosmackの肖像』などの人物画、『四本の木』『壁』などの風景画の代表作を、詳細な作品説明と共に紹介。
また、本書が初めての掲載となる、2016年以降に行われた最新のシーレの絵画技術の調査結果のほか、ベルヴェデーレ美術館にコレクションされる前に、シーレの作品が辿った魅力的な道筋を紹介するテキストなど、豊富な資料によってシーレ作品の新しい見方を提供する一冊となっています。


出版社:  Hirmer
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 304ページ
サイズ:  29 x 24 cm
状態:   新刊
図版:   カラー352点

販売価格

5,900円(内税)

SOLD OUT



新入荷!






人気書籍






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン