フランク・アウエルバッハ【Speaking and Painting】

フランク・アウエルバッハ(Frank Auerbach, 1931 - )ドイツ・ベルリンでユダヤ系の両親のもとに生まれ、1939年ナチスの迫害を避け、イギリスに送られます。残った両親は、強制収容所で1943年に亡くなります。戦後、セント・マーチンズ、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートなどでアートを学び、1956年の初個展後、欧米各地で展覧会を開催しています。1978年にヘイワード・ギャラリーにて大規模な回顧展、1986年にはヴェネツィア・ビエンナーレのイギリス代表として参加し、シグマー・ポルケと共に金獅子賞を受賞しています。
絵画の彫刻的側面への意識と、リアリズムと抽象、そして心理的内省を融合させた彼の作品は、戦後の絵画を新しい方向へと導きました。
また、School of Londonの一人として、ルシアン・フロイドやフランシス・ベーコンと密接な交友関係を持ったほか、長年に渡って教育にも携わり、ジェニー・サヴィル、セシリー・ブラウン、エイドリアン・ガーニー、アンソニー ミカレフなど人物表現を探求している現代の画家たちにも大きな影響を与えています。
80歳を超えた現在も、戦後直後から住み続けている北ロンドンにて友人、家族、周囲の人々などをモチーフに制作を続けています。

本書は、初めてアウエルバッハのモデルを務めた1978年から交友を持つ、美術史家・キュレーターのCatherine Lampertが、彼との会話や残されたインタビューから、その画家としての人生、制作手法、哲学についての貴重な洞察をまとめた書籍となります。
難民の子供としての経験、1950年代から60年代のロンドンのアート界での経験、ルシアン・フロイド、フランシス・ベーコン、レオン・コソフらとの友情、長いキャリアを通じた絵画へのアプローチなど、アウエルバッハの人生を形作ってきた場所や人々、インスピレーションについて、アーティスト自身の言葉を強調しながら振り返ります。
作品だけでなく、現実をとらえる方法について、アウエルバッハがどのようにアプローチしていたかを深く知るための、必読書と言える一冊となっています。


出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ペーパーバック
ページ数: 240ページ
言語:   英語
サイズ:  23 x 15 cm
状態:   新品

販売価格

2,500円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン